盆栽 蝦夷松の通販レビュー

盆栽 蝦夷松に関する通販商品をご紹介しています。



TOPページ | 次のページ

蝦夷松(ミニ盆栽・モダン盆栽・松盆栽)

価格: 4,104円 レビュー評価:4.0 レビュー数:1
商品詳細 使用花材 蝦夷松、苔、溶岩石、化粧砂 サイズ 全高20cm×鉢幅12cm 注意点 春、秋には1日1回、夏には1日に朝夕の2回、 冬場には2?3日に一度の水をあげてください ※鉢は手造りの為、1品1品多少風合いが違います。 ※主木以外の花材は多少異なる場合がございます。 ※写真は現品ではなく、標準的な商品を掲載しております。 ※サイズの表記は平均的なものを掲載しております。  外国の方にも大人気!蝦夷松は雰囲気美人 外国の方にも大人気!蝦夷松は雰囲気美人。蝦夷松は、北海道に分布する松で、独特の雰囲気を醸し出しています。日本だけでなく、外国の方にも大変人気があります。特徴としては、他の松に比べて太く短い針葉が密集するように生えています。オリジナルの森の器との相性がバッチリな、愛い奴です。小さいサイズの『ミニ盆栽』なので気軽にお部屋に和を取り込むことができます。インテリアとの
(更新日時:2016/02/15 21:56)

盆栽 蝦夷松(エゾマツ 002)

価格: 6,264円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品詳細使用花材蝦夷松、石、化粧砂、苔サイズ器の横幅・・・38cm奥行き・・・28cm全長・・・28cm ~ 30cm注意点用土の表面が乾いたら水をあげましょう。※ 鉢は手造りの為、1品1品多少風合いが違います。※ 写真は現品ではなく、標準的な商品を掲載しております。※ サイズの表記は平均的なものを掲載しております。北国の老木、蝦夷松(エゾマツ)!蝦夷松は北海道や千島列島に多く自生しています。短い葉や幹が密集し、その荒々しい幹肌から老木の風格を演出できます。店長こだわりの苔と手作り盆栽鉢が樹の自然さを演出させます!✤水遣り・・・乾燥に弱いので1日に2?3回の多めの水を与えてください。夏場は乾燥しやすいので水切れに注意しましょう。冬場になれば1日1回に与えてください。 ✤置き場所・・・風通し、日当たりの良い所に置いてください。夏場は直射日光を避け、明るい日陰に置き
(更新日時:2016/02/15 21:56)

盆栽 蝦夷松(エゾマツ 001)

価格: 4,104円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
商品詳細使用花材蝦夷松、石、苔サイズ器の横幅・・・10cm奥行き・・・10cm全長・・・18 ~ 20cm注意点用土の表面が乾いたら水をあげましょう。※ 鉢は手造りの為、1品1品多少風合いが違います。※ 写真は現品ではなく、標準的な商品を掲載しております。※ サイズの表記は平均的なものを掲載しております。北国の老木、蝦夷松(エゾマツ)!蝦夷松は北海道や千島列島に多く自生してる松です。短い葉や幹が密集し、その荒れやすい幹肌から老木の風格を演出させます。店長こだわりの手作り盆栽鉢が樹の自然さを演出させます!✥水遣り・・・乾燥に弱いので1日に2?3回の多めの水を与えてください。夏場は乾燥しやすいので水切れに注意しましょう。冬場になれば1日1回に与えてください。 ✥置き場所・・・風通し、日当たりの良い所に置いてください。夏場は直射日光を避け、明るい日陰に置きます。冬場は
(更新日時:2016/02/15 21:56)

小盆栽仕立 エゾ松 E

価格: 2,700円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
マツ科トウヒ属常緑高木。【規格】9cm鉢、高さ14cm。※小さいですが、年数は経っています。※写真は27年7月1日撮影。※エゾ松は姿がマツに似ていることから松の名がついていますが分類上マツ属とは一線を隔てます。※エゾ松盆栽の見どころはなんといっても大自然を思わせる豪快な樹姿にあります。※エゾ松は北国生まれなので寒さに強いという先入観がありますが、実際には五葉松などよりも耐寒性は劣ります。※寒暑や乾燥にあまり強くない樹種といえる。
(更新日時:2016/02/15 21:56)

小盆栽仕立 エゾ松 C

価格: 2,700円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
マツ科トウヒ属常緑高木。【規格】8cm六角鉢、高さ14cm。※小さいですが、年数は経っています。※写真は27年7月1日撮影。※エゾ松は姿がマツに似ていることから松の名がついていますが分類上マツ属とは一線を隔てます。※エゾ松盆栽の見どころはなんといっても大自然を思わせる豪快な樹姿にあります。※エゾ松は北国生まれなので寒さに強いという先入観がありますが、実際には五葉松などよりも耐寒性は劣ります。※寒暑や乾燥にあまり強くない樹種といえる。
(更新日時:2016/02/15 21:56)

Supported by 楽天ウェブサービス

TOPページ | 次のページ